ルナメアAC口コミ

【ニキビケア講座A】白ニキビができてしまった時の対処法

ぷくっと出来た白いにきび。

 

またニキビが出来てしまった…。
プクッとして恥ずかしい。。

 

と凹む気持ちも分かりますが、白ニキビはまだ初期段階のにきび。

 

しっかりケアすれば悪化させるのを防ぐことができます。

 

 

この記事では白ニキビに特化した対処法と注意点についてお伝えします。

 

白ニキビとは

白ニキビとは毛穴の中に皮脂がたまって内側から盛り上がっている状態のことです。

 

皮脂と角質が混ざった状態が白く見えることで白ニキビと呼ばれています。

 

まだ炎症を起こしていない状態ですのでこれ以上悪化しないようにケアすることが重要になります。
(炎症した状態だと赤くなります)

 

白ニキビができてしまった時の対処法

対処法としては面皰(めんぽう)圧出という皮膚科で受ける治療法があります。

 

これは白ニキビの表面に穴をあけて、アクネプッシャー(面皰圧出器)という用具を用いて中の皮脂を抜く治療法です。

 

アクネプッシャーがあれば一応自宅でも出来る対処法ですが、素人が行うと皮膚にキズがついて跡になる可能性が高いのできちんと皮膚科を受診することをおススメします。

 

 

自宅で出来る事と言えば刺激を与えないようにすることです。

 

例えば、

  • 洗顔する時にスクラブを含んだ洗顔料を使わない
  • 化粧品を使う時に直接触らない

 

といった事に気をつけましょう。

 

ニキビは皮膚科での治療ができる事からわかるように皮膚の病気になります。

 

病名は「尋常性挫創(じんじょうせい・ざそう)」と呼ばれます。

 

病気は医療機関で適切な治療をうけることが最善の対処法だと思います。

 

自力で治そうとして余計に悪化させるよりも、専門医の元で正しいケアをうけるように心がけましょう。

 

絶対にやってはいけない事とは?

直接さわらないことです。

 

刺激を与えると悪化する恐れがあるため、触れない事が最優先。

 

手には見えないばい菌がたくさん付着している可能性が高いので炎症をおこす原因となります。

 

 

白い皮脂がたまってくると膨れ上がってくるので恥ずかしい気持ちになります。

 

皮脂を押し出すとそのふくらみが無くなって少しは目立たなく見えますが、絶対に潰したりしてはダメです!

 

皮膚にダメージが残り、ニキビ跡になる可能性があります。

 

潰したくなる気持ちをグッとこらえて、正しいケアをすることが大事です。

 

まとめ

白ニキビができてしまった時の対処法と注意すべきことについてお伝えしました。

 

まとめると、

 

白ニキビができてしまった時は触らずに皮膚科に行って治療してもらう(面皰圧出)ことが適切な方法となります。

 

まちがっても自分で皮脂を出そうとしたり、潰したりしないことですね。

 

自分で取り組める事としてはニキビを予防すること。

 

ニキビ予防に効果のあるスキンケア商品を使う事でニキビができにくい肌に近づけることは可能です。

 

ルナメアACは医薬部外品としてニキビ予防に効果のある成分が含まれていますので、これ以上ニキビを増やしたくない人にピッタリの商品だと思います。

 

⇒ルナメアACの公式サイトはコチラ

page top